« 2015年富士市柔道選手権大会 個人戦4年生部 | トップページ | 2015年富士市柔道選手権大会 個人戦6年生部 »

2015年富士市柔道選手権大会 個人戦5年生部

5年生部
山本倫-技を掛けるチャンスはあり、何度か技を出そうとしていたが、思いっきりがない。そのうち技も出なくなり受けに回ってしまい最後は投げられてしまった。技を掛けるチャンスを逃してはいけない。
池上梨々亜-1回戦は速効の大外刈りで一本勝ち。2回戦は相手の迫力で負けてしまった。どんな相手でも強気です。
望月大志-1回戦の序盤は受けてしまったが、背負い投げで一本勝ち。2回戦の相手は準優勝者で体も大きいが、序盤は背負い投げ掛けて優勢だった。しかしちょっと下がって受けに回ったときに足が掛かり負けてしまった。体格差のハンディを補うのは技を掛けて掛けて掛けまくるしかないぞ!

 

|

« 2015年富士市柔道選手権大会 個人戦4年生部 | トップページ | 2015年富士市柔道選手権大会 個人戦6年生部 »

柔道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224561/61681401

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年富士市柔道選手権大会 個人戦5年生部:

« 2015年富士市柔道選手権大会 個人戦4年生部 | トップページ | 2015年富士市柔道選手権大会 個人戦6年生部 »